ATRIUM Flower Produce's Blog

<< ビバーナム・コンパクター | main | 海外のバラ >>
幼稚園の教室で


10月末の日曜日、品川区の幼稚園・小学校で行われた 東京都の子育て研修会「花育ワークショップ」のお手伝いをしました。

「花育」とは、「幼児・児童が教育の現場や地域で花や緑に触れる機会を作り、やさしさや美しさを感じる気持ちを育む取り組み」として、全国花育活動推進協議会等を中心として展開されている活動のこと。
要するに、小さなお子さんにもお花や緑に親しみをもってもらい、そのことで嬉しいとか楽しいという体験をしてもらうだけでなく、植物や自然にも興味を持ってもらえたらいいなあという活動です。

私が子供のころは、学校の行き帰りも下校後の遊びにも、草や花が主役級の活躍でした。
どこにどんな花が生えているかとか、植物の名前とかも自然に覚えたし、季節ごとにどの草でどんな遊びができるかをみんなが知っていました。
シロツメ草で冠を作れるお姉さんは尊敬されていたし、なすやきゅうりの収穫を手伝わせてくれる近所のおじさんもいたし、庭の小菊を手折ってもたせてくれる親切なおばさんもフツーに存在していました。

私たちが当たり前にしていたことでも、現代の都会の子供たちには わざわざ機会を作ってあげない体験できないことが多いのですね。

今回のワークショップは花苗で寄せ植えを作るものと、切り花をコップにアレンジするものの2種類。
親子で1つの作品をつくるというものでした。

お花でなにを作るかということよりも、なんとなーく植物に目がいくきっかけになればそれで十分。
植物とのかかわりが特別な経験としてではなく、日常に当たり前にあるものになるといいねと、 こんなにも小さい机と椅子がならんだ教室を見て思いました。
(この椅子、座面の高さが25センチくらいです!)

 
| Behind the Scenes | 16:12 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE