ATRIUM Flower Produce's Blog

モカラ・アランダの世界
モカラ、アランダを中心としたランの花や葉ものをタイから輸入している株式会社須藤商会さんのブログに、商品であるランの写真を撮って紹介をさせていただいています。

1年かけて、その時期におすすめのランやそれにまつわる情報をお知らせしていきます。

私としては写真は専門ではないのですが、さまざまなモカラを見てうけた私なりのインスピレーションをご紹介して、モカラのいろいろな魅力をお伝えできれば・・・と思っています。

須藤商会さんで扱っているモカラ・アランダを見本で20種類ほどお送りいただいてまず思ったのは、カラフルで思ったよりpopな色だなあということ。
キャンディーやジェリービーンズ、または金魚みたい!と思いました。

下の写真はアンティークのガラスの金魚鉢に水を張り、1輪ずつ浮かべて撮影してみたものです。



らんは花びらがとても丈夫なので、水の中に沈めたり浮かべたりという飾り方ができます。

色も大きさも形もいろいろです。
トロピカルフラワーというイメージのランですが、日本の素材と組み合わせたりいろいろな表情を引き出せればと思っています。
凝ったアレンジはせずに、花の個性が分かる写真で紹介していきます。

 

須藤商会さんのHPはhttp://www.farmachine.co.jp/index.htm


ブログは「モカランド」という名前でスタートしています。
http://mokaland.jugem.jp/

よろしければどうぞご覧ください。


| お花の紹介 | 22:14 | - | - | pookmark |
ワインカラーの花
 
ほんの10年ほど前まで、こんなチョコレート色の花はあまりなかったように思います。
ダリアの黒蝶やブラッキー、チョコレートコスモスなど、先にこんな色の花もありましたが、とうとうラナンキュラスでもこんな色味がみられるようになりそうです。
(これも世田谷市場のイベントで紹介されていたものです。)

名前は・・・まだないのかも知れません。

ヴィンテージワインのような深い色が魅力的ですが、開いていくにつれてボールのような球体になるところも素敵です。いったい花びらが何枚あるのでしょうか。
花びらが反る感じも、それによって見えてくるツヤも美しい。

白い花に合わせたら、素敵でしょうね。

| お花の紹介 | 01:24 | - | - | pookmark |
名古屋フラワードーム
 
東北地方を中心とした大地震が起こった3月11日、私は出張で名古屋ドームにいました。
フラワードームというイベントです。
幸いにして名古屋の揺れは大きくなく、来場のお客さんも放送がなければ気付かない人もいたのではないかと思うほどでした。



花のイベントですが、野菜を中心とした展示もあり、愛知らしさを感じました。
ミニトマトのアーチはぴかぴかつやつやで新鮮そのもの。

ミニトマトもこんな風に房で売っていれば、パック入りのトマトより買いたくなるだろうなと思いました。
(ミニトマトのパックってすぐ捨ててしまうのにもったいない。潰れちゃうから仕方ないのかもしれないけど)




大きなカブ。
写真では分かりにくいですが、かなりおおきめのプランターに3個植えられている状態です。


この茎のところにブツブツ出ている一つづつが芽キャベツです。


小松菜の前に細いニンジンが置いてあるわけではありません。
スイスチャードという葉野菜です。

花が美しいとはだれもが言いますが、同じように野菜も美しく、そしてパワフルでした。
| イベントの紹介 | 23:50 | - | - | pookmark |
新種のラナンキュラス
 先日の世田谷市場のイベントで見せていただいた新品種のラナンキュラスです。

宮崎県の育種家綾園芸さんが作った新品種を
長野県のフラワースピリットさんが育てたものです。

*新品種の画像はフラワースピリットの上條さんにブログ掲載の許可をいただいて載せています。

スカビオサ(西洋マツムシソウ)のようにも見える形です。
花の中心のめしべが突出しているタイプです。

ひらひらと薄い花びらが多いラナンキュラスですが、これは細い花びらがジャギジャギと長さを違えて咲く珍しいものです。

花形は全開で6から7センチほどでしょうか、大輪というわけでもありませんが存在感があり、1輪2輪で茎の曲がりを見せながらちょっとコケティッシュに生けてもいいように思います。


名前をたずねたところ、まだないとのお答えでした(上條さん談)。

綾園芸さんからのお年賀状に載っていたものが同じ種類ならば、「モロッコシリーズ」と書いてあったような・・・。(でもその年賀状のものと同じかどうかは綾園芸の草野さんにお伺いしてみます。)

色バリエーションがあるようなので、色別の名前がまだないのかもしれませんね。

綾園芸さんのブログに、黄色に黒が入った種類を奥様が「タイガース」と呼んでいるとありました。
私のところにやってきた2種類のうち、
濃いオレンジは「クッキーモンスター」、
濃いピンクを「エルモ」
と、セサミストリートのキャラクター名で「勝手に」呼んでいます。
毛むくじゃらだけどかわいいイメージです。

綾園芸の草野さんのブログにも新品種のお話がよく出ています。
ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。
とっても勉強になりますよ。
http://www.ayaengei.com/shu/shu.html

| お花の紹介 | 01:14 | - | - | pookmark |
世田谷ストリートライブにて
 2月26日の土曜日、世田谷市場にて世田谷フラワーホールセールマーケット協同組合 Team世田谷主催の10周年BIG STREET LIVEというイベントがありました。

フラワーデザイナーによるデモンストレーションは見ることができませんでしたが、産地展示ブースをのぞいてきました。

生産地に伺わない限り見られないような珍しい品種を見ることができる機会、生産者さんのお話をうかがえる機会は、とても貴重です。

今回も15社ほどの生産者さんや輸入商社さんがいらしてくださっていました。

そのなかでも長野のフラワースピリットさんのお花、とりわけラナンキュラスは,
巨大輪あり変わり咲きありで圧巻です。

会場で撮らせていただいた写真は、新種のラナンを見た興奮のあまり、きれいに撮れていません。
(もっと全体の写真があったらよかったのですが・・・)


こちらは、昨年、同じフラワースピリットさんのお花の展示をさせていただいた際に撮影した巨大輪「ローヌシリーズ」です。1輪でもブーケのようです。
今回も大輪がたくさん展示されていました。
1輪でもこの迫力です。
開いたら直径17センチくらいありました。



そのほかにも花びらのたくさん詰まったもの、花の芯まであけっぴろげなもの、花の中心から葉っぱのようなガクのような緑色のものが出ているもの、バイカラーのもの・・・さまざまです。

印象的な新品種は、またあらためてご紹介いたします。
| イベントの紹介 | 00:08 | - | - | pookmark |
世界らん展日本大賞2011 (27日まで)
 東京ドームで世界らん展が開催されています。
めずらしいらんの品種紹介、らんを使った装飾の展示やらんの販売まで、育てて楽しむ人から、飾って楽しむ人まで幅広くらんを楽しめる展示会で、とても人気があります。

テーマ展示の「オーキッドロード」は全体的に黄色のらんメインに飾られていました。
天井部の黄色い煙のように見える細かいらんは、オンシジウム(イエローエンジェル)です。

らんでなければできない展示方法など、おもしろいものもありました。
下の写真は胡蝶蘭を逆さづりにした展示です。



フラワーデザインにらんを使ったコンテストも行われています。
友人の作品を3つご紹介。

テーブルアレンジメント トロフィー賞受賞の作品「A Pop-up Book]
高階明子さんの作品。


ブーケで参加の幸泉まみさんの作品。


茂木まさえさんの作品。

どれも繊細で細かい作品です。
コンパクトカメラでとった写真では細かいところまで見えませんね、ぜひ本物を見にいってみてください。

| イベントの紹介 | 12:06 | - | - | pookmark |
フラワーバレンタイン
お花の業界では、今
フラワーバレンタイン〜本当のバレンタインをはじめよう〜 
というキャンペーンが行われています。
http://www.flower-valentine.com/

日本でのバレンタインデーとは
女性から男性にチョコレートを贈る日ということになっていますが、他の多くの国では

「女性から」ではなく「お互いに」
「チョコレート」に限らず「メッセージカードやお花を」 

ということは、意外と女性の間では知られていることです。

そこで、バレンタインデーに男性から女性にお花を贈る応援をしようというキャンペーンが今年から始まりました。

男性が花屋さんに足を運びやすくなればいいですね。

私の持論ですが、お花を贈られるって嬉しい!という体験をすると、
贈りたい!という気持ちがでてくるのではないかと思うのです。

ですから、女性も男性にお花を贈ることもやっぱり大切と思うのです。

といっても 最初から 花瓶もないのに花束を贈ったり、「扱いに困るもの」 を贈るのではなく、
まだお花に慣れていない人でもちょっと興味を持ってもらえるものを。

たとえばですが・・・

今の時期、花芽の付いたかわいい球根がいろいろ出回っていますので・・・


チョコレートの詰め合わせもいいですけれど、球根の詰め合わせも手間もかからず、長く楽しめておすすめですよ。
 


義理チョコ派には、1個で
会社のデスクにちょっと置けるようなギフトにしても。

パソコン近くでは、水がこぼれないような工夫をしましょう。
(写真はコケ玉仕立てにしています。)



| ご紹介 | 12:19 | - | - | pookmark |
ラナンキュラス


季節のお花といっても、花の市場にでているものは、
すこし時期を先取りしたものとなりますが、
いまラナンキュラスという春のお花がいろいろ出回ってきました。

数年前まで、そんなに種類も多くなく、もっとシンプルなお花だったと思います.
が、花の形も色もさまざまで、
一見「これラナンキュラス?」
と思うような、変ったものもあります。

ラナンキュラスは学名Ranunculus asiaticus。
Rana

とはカエルのことです。
諸説ありますが、葉っぱがカエルの手に似ているところから その名があるともいわれています。

キンポウゲ科キンポウゲ属です。

プレゼントの花の定番と言えば、なんとなく「バラ」という人も多いですが、
花屋さんをのぞくときには、
十分主役となる新しいラナンキュラスにも注目してみてくださいね。
写真は「アルボア」という種類。



 

| お花の紹介 | 17:50 | - | - | pookmark |
関東東海花の展覧会(2011年2月11日〜)
2月11日〜13日まで 池袋のサンシャインシティで開催される
「関東東海花の展覧会」をご紹介します。 

切り花、鉢花の新しい品種をたくさん見ることができます。
(写真は昨年の会場の様子です)



品種展示のほかに お花のディスプレイやフラワーデザインのコンテスト、お花の教室などもあります。


詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/event/e0946.html
| イベントの紹介 | 18:28 | - | - | pookmark |
自然のデザイン
 
世田谷のお友達の畑で、野菜をたくさんいただきました。
新鮮な葉っぱのくっきりと浮き上がった「葉脈」は見ていて気持ちがよくて、食べるにはちょっとという部分でも 私にはさっさと捨てることができません。

無駄のない完璧で美しいデザインは自然の中にもあるんだと関心します。


↑これはブロッコリーの葉っぱです。色も渋くて、素敵です。
白い花や、または深紅の花などとあわせてもよさそうです。




白菜も実はとてもきれいです。


葉っぱの葉脈は、大きな木が枝を伸ばす形と同じです。
フラクタル・デザインですね。

| Personal | 20:44 | - | - | pookmark |